Kaula Piko

カウラ ピコ: 弦楽器のルーツ

July 18, 2020 — January 31, 2021

19世紀の後半からハワイのミュージシャンたちは故郷の島を遥かに超え飛躍的に活動する ようになりました。 ビショップミュージアムの「Kaula Piko: 弦楽器のルーツ」はハワイの 音楽を世界的にリードしていったハワイのミュージシャンたちに焦点を当てた初の展示です。

展示

2020年7月18日 ‒ 2021年1月31日

開館時間

毎日
9 am – 5 pm

年齢

全ての年齢対象

場所

ロングギャラリー

入館料

大人: $24.95
シニア(65+): $21.95
子供(4-17): $16.95
子供(3才以下): 無料
16才以下は大人の同伴が
必要です

The Royal Hawaiian Band in front of Aliʻiōlani Hale in Honolulu, 1883. (Bishop Museum Archives)
Hawaii pavilion at the World’s Columbian Exposition in Chicago, 1893. Musicians and hula dancers performed in the small domed structure on the left. (Private collection)
“Beautiful Flowers (Nani Na Pua),” arranged by Liliʻuokalani (Miss Lydia Kamakaʻeha Pākī), was the first Hawaiian song published as sheet music, in Boston in 1869. (Bishop Museum Library)
Previous
Next

演奏スタイルと実際の楽器デザインや構造において彼らのパイオニア的な影響は
あまり知られていませんが、それは世界的に重要な役割を果たし今日も生き続け
ています。 「Kaula Piko」は」ハワイの音楽界が世界の音楽界に長期に渡り多大な
貢献をしてきたレガシーを見ることができる展示です。

Mahalo to our contributing sponsor:

Copy-of-NewLogos-800x245

Kaula Piko: The Source of Strings is a collaboration of Bishop Museum and Kealakai Center for Pacific Strings.

Top image:
Ernest Kaai’s Royal Hawaiian Troubadours, ca. 1912.
(Hawai‘i State Archives, PP33-1-006)