t_history
カメハメハ王家と深いつながりをもつ博物館 ビショップ・ミュージアムは、ホノルル郊外にあるハワイ州最大の博物館です。
設立は日本が近代国家への扉を開いたばかりの明治時代、1889年にさかのぼります。カメハメハ王家最後の直系子孫であるバニース・パウアヒ王女が亡くな り、夫であるチャールズ・リード・ビショップ氏がその追悼のために設立しました。 ミュージアムは当時、ハワイの子供たちの教育を目的としてパウアヒ王女が築いたカメハメハ・スクールの敷地内に建てられました。
そして1960年代にカメハメハ・スクールが丘の上に移転した後、ビショップ・ミュージアムは拡張を重ね、パシフィック・ホールとハワイアン・ホールを中心とした壮大なスケールの博物館へと発展しました。敷地のはずれには、カメハメハ・スクール当時の建物、ビショップ・ホールが現在も残されています。
Charles Reed Bishop and Bernice Pauahi Bishop

200万点を超える貴重なコレクション
設立当初、ビショップミュージアムのコレクションは、ハワイの美術工芸品とパウアヒ王女が相続した王家伝来の美術工芸品を収集したものでした。そして現在 では、ハワイと太平洋諸島ポリネシア全域の文化に関する美術工芸品、文献、写真など、その数は200万点を超えるまでに達し、世界的にも価値の高い貴重な コレクションとなっています。
ハワイの伝統文化を伝える大きな役割
ハワイの子供たちの教育を目的に作られたカメハメハ・スクールに発するビショップミュージアムはその意思を今なお受け継ぎ、ハワイの伝統文化への誇りをより深めるための教育の場として機能しています。 また、太平洋地域における自然史、文化史の主要研究機関であり、その研究と教育プログラムは世界的に広く認められています。